top of page

Artists

TatsuoNishie.jpg

Violin

西江 辰郎

Tatsuo Nishie

  • hp_logo
  • X
  • Facebook
  • Youtube

News

Concert

Profile

新日本フィルのコンサートマスター、ソリスト、室内楽奏者としても活躍するヴァイオリニスト、西江辰郎は、東京生まれ。桐朋女子高等学校音楽科(共学)を経て、桐朋学園ソリストディプロマコース修了。国内コンクールに多数入賞し、2001年弱冠24歳で仙台フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターに就任。多くのソロを受けもち、「英雄の生涯」、「シェヘラザード」など絶賛された。東京フィロスクヮルテット、セレーノ弦楽四重奏団を結成し、SPC大賞、せんだい芸術祭大賞、緑の風音楽賞、松尾音楽助成などの受賞歴をもつ。ヴァイオリンを辰巳明子、故ティボール・ヴァルガ、景山誠治、藤原浜雄、海野義雄の各氏に、室内楽を安永徹、市野あゆみ、ガボール・タカーチ=ナジ、岡山潔の各氏に師事。

 

レパートリーもコレルリ、バッハから三善晃、カプースチンまでと幅広い。イタリアの作曲家アレッサンドロ・クオッツォとは友人で、ピアノのジュゼッペ・アンダローロとのイタリア・リサイタルツアーでは無伴奏ヴァイオリンソナタを献呈された。

日本、オーストリア、スイス、フランス、イタリア、チェコ、韓国、マレーシアなど世界各地で演奏。

 

ソリストとしても東京交響楽団、オーケストラ・T・ヴァルガ、仙台フィルハーモニー管弦楽団、仙台市民交響楽団、オーケストラ・アンサンブル金沢、チェコ室内フィルハーモニー管弦楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団等、国内外のオーケストラと共演。

クリスティアン・アルミンク氏に認められ、05年より新日本フィルハーモニー交響楽団コンサートマスターに就任。07年には「M・マイスキー60歳記念プロジェクト」でチェロのミッシャ・マイスキー氏と共演。09年にはアールガウ交響楽団のソリストに抜擢され、チューリッヒ・トーンハレで協奏曲デビューを果たし、紙上でも賞賛された。リサイタルではアンドレア・タランティーノのSulla Via del Graal,アレッサンドロ・クオツッオのMeditationや小杉紗代のSpiraling Sparksなど世界初演。12年、Atman Trioを結成。

 

15年には久石譲の新曲「室内交響曲」の世界初演にて6弦エレクトリックヴァイオリンのソロを務め話題になった。以来、久石譲の新シリーズMusic Futureにてバンドマスターをつとめている。16年「題名のない音楽会」にピアノの上原ひろみとゲスト出演。コロナ禍となった20年、21年にはブルーノート東京にて“Save Live Music Returns” Hiromi Piano Quintetに出演。Hiromi Piano Quintet にてFuji Rock Festivalに出演、また全国ツアーを行った。また、ピアノトリオでのニューアルバムをリリース。22年1月にはソリストの来日がかなわずコンチェルト独奏を務め、佐渡裕と初共演。また、久石譲の「室内交響曲」の再演のソリストを務めた。

bottom of page